スタッフブログ

やちよ会様慰問
2019.7.22

令和元年7月22日(月)

本日は、『 やちよ会 』の皆様方にお越し頂きました。

やちよ会の皆様方は、” 大正琴 ” を演奏される方々で、
これまで何度もお越し頂いております。

そもそも、大正琴とは・・・? 以下 引用・・


 1912年(大正元年)、名古屋大須の旅館「森田屋」の長男 森田吾郎(本名:川口仁三郎)が、二弦琴をもとに、タイプライターにヒントを得て発明した。キーの配列はピアノの鍵盤と同様になっている。発明時の音域は2オクターブであった。発明時から金属製の弦が用いられたのだが、従来の日本の琴の弦は絹製であったため、音色も従来の日本の琴とは違ったものであった。また、鍵盤があるため、音高を初心者でも正確に出すことができるなど、比較的簡便に演奏可能であるため、家庭用楽器として大正時代に大流行した。 」

・・・・・ということだそうです。

その名の通り、大正時代に生まれ、なんと地元の名古屋発生とは意外でした。

今回もやちよ会の皆様方の演奏に合わせて、利用者の皆様方が曲に合わせて口ずさんでおられました。時には詩吟を交え、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

やちよ会の皆様方、本日も誠に有難うございました。

代表の方のご挨拶のあと演奏が始まりました
代表の方のご挨拶のあと演奏が始まりました
見事に揃った演奏です
見事に揃った演奏です
演奏に合わせて歌います
演奏に合わせて歌います
みなさん歌詞カードを見ながら一生懸命です
みなさん歌詞カードを見ながら一生懸命です
演奏されるどの曲も知っている曲ばかり
演奏されるどの曲も知っている曲ばかり
最後の一曲になりました
最後の一曲になりました
2019.09(1)
2019.08(4)
2019.07(3)
2019.06(5)
2019.05(4)
2019.04(3)
2019.03(5)
2019.02(4)
2019.01(6)
2018.12(5)
2018.11(8)
2018.10(4)
2018.09(2)
2018.08(5)
2018.07(5)
2018.06(4)
2018.05(3)
2018.04(5)
2018.03(7)
2018.02(5)
2018.01(6)
2017.12(2)
2017.11(7)
2017.10(4)
2017.09(4)
2017.08(3)
2017.07(4)
2017.06(3)
2017.05(5)
2017.04(9)
2017.03(6)
2017.02(6)
2017.01(3)
2016.12(2)
2016.11(5)
2016.10(2)
2016.09(5)
2016.08(3)
2016.07(6)
2016.06(1)
2016.05(3)
2016.04(9)
2016.03(2)
2016.02(4)
2016.01(5)
2015.12(7)
2015.11(11)
2015.10(9)
2015.09(3)
2015.08(6)
2015.07(12)